COURSE

コース紹介
【医療データ 『基礎・実践コース』】

数理医学概論

開講場所:
提供:大阪大学
講師:鈴木貴
開講日時:2021年8月3日 ~
受講対象者:院生(修士/博士前期)・院生(博士/博士後期)
評価方法:出席とインタビューにより総合的に評価。
受講生へのコメント:微積と線形代数の数学基礎を習得し、細胞生物学に興味を持っていることが望ましい。
オンデマンド教材を用意しているので興味に従って適宜視聴する。

教科書・教材
鈴木貴「数理腫瘍学の方法=計算生物学入門」培風館2020

参考文献
鈴木貴・久保田浩之(編)「はじめての数理モデルとシミュレーション」羊土社2017
T. Suzuki, Mathematical Methods for Cancer Evolution, Springer 2017
鈴木貴「数理医学入門」共立出版2015

オンデマンド教材が多数ありますので活用してください。

細胞を主体とした生命動態の数理モデリングを解説する。
生命現象の数理モデル化や数値シミュレーション法、データ解析を駆使した計算生物学研究の最先端に触れることができる。

1. 統合数理腫瘍学の方法
2. データ科学との関わり
3. 生命現象の数理モデリング
4. ハイブリッドシミュレーション
5. 数学と生命科学の融合
6. 浸潤突起の形成
7. 個別細胞モデリング
8. 自由境界の記述
9. 動的平衡の崩壊
10. 骨代謝モデリング
11. 幕分子の2面性
12. 薬剤耐性
13. 血管新生
14. マルチスケールモデル
15. 階層的自己組織化

DuEX登録の締切日

2022年3月31日