ABOUT

データ関連人材育成関西地区
コンソーシアム概要

コンソーシアム概要

データ関連人材育成関西地区コンソーシアムは、高い潜在能力を持つ大学院博士後期課程学生や博士研究員のポスドクに対して、データ産業界へのキャリアパスを切り拓く支援をするために発足しました。その目的は、データサイエンス、データエンジニアリングやデータアナリシスの先進的教育プログラムを提供し、一人ひとりの研究に新たな方向性を見出していただくと同時に、データサイエンティストの資質を持った企業の研究者やマネージャークラスの人材育成も図ることにあります。それにより、本教育プログラムを受講した若手研究者が産業界で活躍できる場を拡大して、データ駆動型イノベーションエコシステムの形成に役立つ人材となることを目標としています。

このデータ駆動型イノベーションの定義とは、ビジネス創出や社会問題解決において、図のような価値が創出されることを指します。具体的には「課題設定」をした後に、「データ収集・統合」「データ分析」「データ解釈」が繋がったサイクルが回ることで、価値の提供、つまり新たな価値の創出が実現します。本コンソーシアムでは、このサイクルを回す能力を持つ人材を育成することを目指しています。

概要のイメージ図

コンソーシアムでは、協定校、連携機関、連携企業・連携自治体を募っています。

協定校

  • 協定校に所属する教職員・学生は、コンソーシアム提供の人材育成プログラムを無償で受講できる。
  • 協定内を結んだ他大学の講義を聴講する手続きを簡略化し、相互に講義を受講できる機会を実現。

連携機関

  • 最先端の研究・技術を持つ機関からは、データサイエンス、データエンジニアリング、データアナリシスなどの人材育成プログラムのコンテンツを提供。
  • 協定校による、人材育成プログラムのコンテンツに対するサポートを提供。

連携企業・連携自治体(インターンシップ)

  • データサイエンスに興味を持つ若手研究者が企業にインターンとして働ける、新たなキャリアパスを支援。
  • 人材不足が指摘されている企業側からの、データサイエンティストの育成に関する直接的な指導を実現。

連携企業・連携自治体(データ提供等)

  • 実際のデータを使った課題解決型授業を提供。
  • 各企業が提供する実際のサンプルデータを使用。

コンソーシアム体制

協定校・連携機関・連携企業

協定校

大阪大学

京都大学

神戸大学

滋賀大学

奈良先端科学技術大学院大学

和歌山大学

連携機関

理化学研究所革新知能統合研究センター

国立情報学研究所

統計数理研究所

産業技術総合研究所人工知能研究センター

連携企業

あいおいニッセイ同和損保

アイディーズ

株式会社サイバーリンクス

JR西日本旅客鉄道株式会社

SIGNATE

パーソナルキャリア

第一生命ホールディングス

リクルートテクノロジーズ

特別協力

公益社団法人関西経済連合会

問い合わせ先

データ関連人材育成関西地区コンソーシアム事務局
大阪大学数理・データ科学教育研究センター内
〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3

TEL:06-6850-8294

E-mailアドレス:duex-jim@sigmath.es.osaka-u.ac.jp

(担当:篠原,森川)