COURSE

コース紹介
【データサイエンス 『実践コース』】

ビジネス価値創出のためのデータ分析実践講義

開講場所:遠隔実施
提供:大阪大学
講師:中澤嵩
開講日時:2021年7月3日 ~ 2021年7月10日
受講対象者:院生(修士/博士前期)・院生(博士/博士後期)・HRAM賛助会員
評価方法:出席(50%)、課題提出・発表(50%)
受講生へのコメント:ZoomのURLについては開催前日に周知いたします。

【内容】
 講義主担当:株式会社日立システムズ データサイエンティスト 板井 光輝

 本講義では、はじめに「データサイエンス実践入門」として、
 データサイエンティストの標準的な職種、役割および実務でのポイントを
 お伝えします。
 必要な知識と仕事内容のイメージが掴めると思います。

 演習では実際の実務に近い内容の模擬案件2種から希望の課題を選択いただきます。
 統計・機械学習技法を用いたデータ分析を行う中で、
 分析の実践レベルと課題事項をご自身で自覚し、
 今後の学びの方向性を明確化いただくことを主眼に置いています。
 ・第1回終了後から第2回前日までの期間:個人ワーク(目安所要時間:3時間)予定
 ・第2回:成果発表(※)予定
  ※グループ単位(運営側で編成)で結果をパワーポイントにまとめ、発表。
   発表時間:3~5分程度/グループ

【本講座の対象者】
 統計学または機械学習について大学の教養課程水準の知識と、
 エクセル、Python、Rなどでデータセットを扱った経験を有し、以下のいずれかに該当する方
 ・進路としてデータサイエンティストをお考えの方
 ・統計、機械学習技法を用いたデータ利活用の考えに興味がある方

【教材】2021年6月28(月)配付予定(実施内容は予告なく変更する場合あり)

 第1回:2021年7月3日(土)
  10:00-11:30 データサイエンス実践入門
  11:30-14:30 演習課題の説明と課題選択、内容理解(内12:00-13:00は昼休憩)
  14:30-15:00 全体の質疑応答・注意事項説明

 第2回:2021年7月10日(土)
  10:00-11:00 成果報告準備
  11:00-13:30 成果報告会(内12:00-13:00は昼休憩)
  13:30-15:00 解説・考え方のポイント講座、全体質疑応答
 
 休憩は「成果報告会」を除き、各回で適宜取っていただいて結構です。

DuEX登録の締切日

2021年7月2日