COURSE

コース紹介
【データサイエンス 『基礎コース』】

工学への数値シミュレーション

開講場所:
提供:大阪大学
講師:中澤 嵩
開講日時:2022年10月1日 ~ 2023年3月31日
受講対象者:院生(修士/博士前期)・院生(博士/博士後期)
評価方法:数回のレポートや中間試験を出す予定です. 中間試験60%,レポート40%
受講生へのコメント:各自でノートパソコンを持参すること.また,有限要素法で計算するための無償のソフトウェアをインストールしておくこと.
数学知識は特に必要有りませんが,積極的に各自でプログラミングを進めてください.

有限要素法は理工学分野で広く使われている数値計算手法です.前期【総合】「数値シミュレーションの基礎」では,その基本的な数学背景と無償のソフトウェアFreefem++を用いたプログラミング及び数値シミュレーションを行いました.本講義では,主に数値シミュレーション結果に対して,数理・データサイエンス・AIの技術を駆使して解析を試みます.
学習目標/Learning Goals 有限要素法を用いて,流体力学の基礎方程式であるNavier-Stokes方程式の数値計算結果に対して,数理・データサイエンス・AIの技術を駆使して解析を試みます.受講生の達成具合を見ながら,線形安定性解析,Snapshot POD,DMD,レザバーコンピューティング等を体験します.

DuEX登録の締切日

2022年9月30日

履修登録の注意事項

※本科目は単位互換対象科目のため、大学での履修登録が必要です。詳細は所属大学のDuEX担当事務へお問い合わせください。

一覧へ

受付終了