Bコース データサイエンス 『実践コース』
データサイエンス
『実践コース』アイコン

データサイエンスに必要な知識・スキルの基礎を学んだ後、実際のサンプルデータ等を用いて行う実践的な価値創造プロセスを習得するためのコースです。アクティブラーニングやプロジェクトベーストラーニングにより、実際に手を動かしながら学ぶことができます。

修了要件

「基礎コース修了証」取得後に本コースを修了した受講生には、「実践コース認定証」を発行します。

構成科目

科目分類
科目名
開講大学
単位数
開講区分
PBL
実践的データマイニング1受付中
和歌山大学
2
演習
開講時期
2020年8月24日 ~ 2020年8月28日
概要
経営の重要問題は在庫管理.売れ残り管理コスト増加,在庫不⾜の販売機会喪失.データマイニングの⼿法・分析⼿法・流通業界に関する講義をし,POSデータから様々な販売ロス削減に挑戦.売上と天候気温の相関,重点的ロスが出るカテゴリ,廃棄傾向が⾼まる価格帯,チャンスロス可能性の製造商品,調査店舗間ロス傾向の差異や多種のデータが含まれる膨⼤なPOSデータの問題点の解決策を探る.企業担当者との発表会や議論する.
PBL
実践的データマイニング2受付中
和歌山大学
2
演習
開講時期
2020年9月24日 ~ 2020年9月29日
概要
地⽅企業は⾼齢化・出⽣率減少・雇⽤多様化・若者県外流出・中⼼街空洞化・社会環境変化の対応に迫られる.問題解決のむやみな⾏動は理解が得られず解決に必要なデータは何か結果を分析し,提案.データマイニングの⼿法・分析の講義後,地⽅企業の問題を考え,仮説を⽴て必要なデータについて検討,データ収集を⾏う.また,可視化を⾏い仮説の検証を⾏う.その結果から問題の解決策を探る.企業担当者との発表会や議論する.
PBL
データサイエンスPBLⅠ受付中
奈良先端科学技術大学院大学
1
演習
開講時期
2020年7月28日 ~ 2020年9月29日
概要
情報科学、バイオサイエンス、物質科学に関わるデータ駆動型科学の最先端の基礎的な知識とスキルを身につけること、および、データサイエンスの手法を他分野での応用に活かすため、専門の異なる研究者・技術者が協力して融合分野を開拓する際に必要となる異分野間コミュニケーションの能力や挑戦性・総合性を育成することを目的とする。

注意事項