COURSE

コース紹介
【データサイエンス実践コース】

数理・データ スタディグループI

開講場所:大阪大学基礎工学部 I204
提供:大阪大学
講師:中澤 嵩
開講日時:2019年4月20~6月8日
受講対象者:修士課程・博士後期課程学生
評価方法:出席(50%),課題発表(50%)
受講生へのコメント:何かございましたら下記までお問い合わせください.
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 中澤 嵩
nakazawa@sigmath.es.osaka-u.ac.jp

Bacalan株式会社様より不動産データを提供して頂き,「金融工学の不動産分野への応用」をテーマに金融工学や数理・データ科学を専門とする学生・教員が共同で議論し,不動産鑑定書による不動産価格(査定額)や周辺地域の土地価格(路線価)等から得られたデータを活用し,ジャンプ拡散過程,ブラック・ショールズ方程式等を考慮した数理・統計モデルを構築し,MCMCを併用するかたちで不動産価格を予測する.

履修登録の締切日

社会人の方

未確定

大学院生の方

  • 大阪大学の方 2019年04月12日
  • 神戸大学の方 2019年04月12日
  • 滋賀大学の方 2019年04月12日
  • 奈良先端科学技術大学院大学の方 2019年04月12日
  • 和歌山大学の方 2019年04月12日

履修登録の注意事項

本スタディグループは, 学生のみ参加可能です. 社会人は受講できませんのでご注意下さい.

シラバス

第1回目 2019年04月20日 13:00~16:00 金融工学チュートリアル,課題提示 13:00-14:00 チュートリアル講義 
 「金融工学やその応用に関するクックブック」
  講師:関根順教授(大阪大学基礎工学部)

14:00-16:00  課題提示
 「不動産証券売買の数理モデル化」
  講師:田中高士氏(Bacallan株式会社)
第2回目 2019年05月25日 13:00~16:00 グループワーク
第3回目 2019年06月01日 13:00~16:00 グループワーク
第4回目 2019年06月08日 13:00~16:00 成果発表

一覧へ

受付終了